日商簿記検定詳しく見る

簿記は、企業の経営活動を記録・計算・整理し、企業の経営成績と財政状態を明らかにする技能の習得度を測るのが、日商簿記検定試験です。企業の活動を適切かつ正確に情報公開するとともに、経営管理能力を身につけるために必須の知識です。また、日商簿記が採用している「複式簿記」は、数多くの複雑な企業取引を、数少ない取引要素で分類・整理し、総合的な経営情報を提供するのに適しており、企業が追求する利益はこれにより求められます。

日商珠算検定詳しく見る

 

東京商工会議所検定詳しく見る

2021年度より、従来の紙媒体を用いた統一試験ではなく、IBTとなりました。お申し込みは直接下記東京商工会議所各検定ページよりお願いします。

新着情報