メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

このページはトップページ > 資金繰り情報 > (株)日本政策金融公庫 > 生活衛生関係の資金案内 > 生活衛生セーフティネット貸付のページです。

生活衛生セーフティネット貸付

「経営環境変化資金(生活衛生セーフティネット貸付)」
社会的、経済的環境の変化等により資金繰りに影響を受けている方の経営基盤の強化を図るための融資制度です。
Ⅰ.ご利用いただける方
社会的、経済的環境の変化等により資金繰りに影響を受けており、中長期的には資金繰りが改善し経営が安定することが見込まれ、次のいずれかに該当する方
 (1)最近の決算期における売上高が前期もしくは前々期に比べ5%以上減少していること、または最近3ヵ月の売上高が前年同期もしくは前々年同期を下回り、かつ、今後も売上の減少が見込まれること
 (2)最近の決算期における純利益額または売上高経常利益率が前期または前々期に比べ悪化していること
 (3)最近、回収条件の長期化または支払条件の短縮化等取引条件が悪化していること
 (4)社会的な要因による一時的な業況悪化により、資金繰りに著しい支障を来していることまたはきたすおそれがあること
 (5)最近の決算期において、赤字幅が縮小したものの税引前損益または経常損益で損失を生じていること
 (6)前期の決算期において、税引前損益または経常損益で損失を生じており、最近の決算期において、利益が増加したものの利益準備金および任意積立金等の合計額を上回る繰越欠損金を有していること
 (7)前期の決算期において、税引前損益または経常損益で損失を生じており、最近の決算期において、利益が増加したものの債務償還年数が15年以上であること
 
Ⅱ.資金の内容
資金用途 運転資金
融資額 別枠 5700万円以内
返済期間 5年以内(特に必要な場合 8年以内)
据置期間 1年以内(特に必要な場合 3年以内)
利率 利率についてはお問い合わせ下さい
取扱期間
保証人・担保 融資に際しての保証人・担保(不動産・有価証券等については、要相談
 *理容にあたっては、振興計画認定組合の長が発行する「振興事業に係る資金証明書」が必要となります。

「金融環境変化資金(生活衛生セーフティネット貸付)」
金融機関との取引状況の変化により、一時的に資金繰りに影響を受けている方の経営の安定を図るための融資制度です。
Ⅰ.ご利用いただける方
金融機関との取引状況の変化により、一時的に資金繰りに影響を受けており、中長期的には資金繰りが改善し経営が安定することが見込まれる方であって、次のいずれかに該当する方
 業務停止命令対応関連
 取引金融機関が業務停止命令を受けた方
 経営破たん状態対応関連
 取引金融機関が実質的に経営破たんの状態などにある方
 整理回収機構譲渡等対応関連
 取引金融機関からの借入などが株式会社整理回収機構(RCC)に譲渡された方などで、経常利益を計上しているなど、業況が順調であると認められる方
 取引状況変化対応関連
 経営状況が悪化していないにもかかわらず、取引金融機関との取引状況が変化している方
 金融不安等対応関連
 国際的な金融不安や経済環境の変化を背景に、取引金融機関から次の(1)から(5)までのいずれかの要請又は取扱いを受けている方であって、当該取引金融機関との取引において、返済等に問題がない方
(1)借入残高の減少
(2)約定した返済条件を超える弁済
(3)当座預金の解約
(4)担保・保証人の追加
(5)借入金利の引上げ
Ⅱ.資金の内容
資金用途 金融機関との取引状況の変化に伴い必要とする運転資金
(「ご利用いただける方」の3に該当する方が、株式会社整理回収機構(RCC)に対して繰上返済を行うために必要な資金を含みます。)
融資額 別枠 4000万円以内
返済期間 5年以内(特に必要な場合 8年以内)
据置期間 1年以内(特に必要な場合 3年以内)
利率 利率についてはお問い合わせ下さい
取扱期間 「ご利用いただける方」の1~3までに該当の方
  平成24年3月31日まで
「ご利用いただける方」の4および5に該当の方
  平成23年3月31日
保証人・担保 融資に際しての保証人・担保(不動産・有価証券等については、要相談
ご利用にあたっては、振興計画認定組合の長が発行する「振興事業に係る資金証明書」が必要になります。
 

このページのトップへ
ページの終了