メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

このページはトップページ > 労務情報 > 労務関係情報 > 雇用保険適用拡大についてのページです。

雇用保険適用拡大について

「雇用保険」適用拡大についてのお知らせ

 

●65歳以上の方も雇用保険の適用対象に●

これまで、65歳以上の労働者は雇用保険に新規加入することは出来ませんでした。65歳より前から雇用保険に加入している場合は65歳になっても引き続き加入し続けることは出来ましたが、一度喪失すると、新たに加入が出来なかったわけです。

しかし、平成29年1月1日以降、年齢制限は撤廃され、満65歳以上の方でも新規で雇用保険に加入出来るようになり雇用保険取得手続きが必要となります。

 

<平成29年1月1日以降、新たに65歳以上の労働者を雇用した場合>

⇒ 雇用保険の適用要件に該当する場合は、雇用保険の取得手続きが必要です。

 

<平成28年12月末までに65歳上の労働者を雇用し、平成29年1月1日以降も継続し

て雇用している場合>

  ⇒ 雇用保険の適用要件に該当する場合は、平成29年1月1日より雇用保険の適用

対象となりますので、平成29年3月31日までに雇用保険の取得手続きが必要で

す。

 

<平成28年12月末時点で高年齢継続被保険者(※1)の労働者を、平成29年1月1日

以降も継続して雇用している場合>

  ⇒ 手続きは不要です。

(※1・・・65歳に達した日の前日から引き続いて65歳に達した日以降も雇用されてい

る被保険者)

 

●64歳以上の保険料免除は平成32年3月まで●

新たに雇用保険に加入された65歳以上の方については、現行の「4月1日時点で64歳以上」の方と同様、保険料が免除されますので、平成32年3月までは保険料を徴収しないようご注意下さい。

但し、これは経過措置であり、平成32年4月1日より保険料の免除制度が廃止となりますので、以降は年齢にかかわらず保険料を徴収する必要があります。

 

 

詳細は、厚生労働省HPをご覧下さい。

このページのトップへ
ページの終了